世界報道写真展 2011
b0190075_18232043.jpg


金曜日から長いお盆休みに入りました。
特に予定もなく...
初日は写真展を見に行ってきました。

みなさん報道写真家をご存じですか?
『崩れ落ちる兵士』の作品で有名なロバート・キャパ
1994年のピューリッツア賞を受賞した
『ハゲワシと少女』で物議を醸し出したケビン・カーター
日本人ではこちらもピューリッツア賞を受賞し
教科書の写真カットで目にされた方も多いと思う
『安全への逃避』沢田教一など...
写真家の名前は知らなくても
見たことのある写真ばかりだと思います。

そんなこの夏...
大阪・ハービスHALL(ハービスOSAKA地下2階)で
8月18日(木)まで開催されている
『世界報道写真展 2011』がお勧めです。

新聞の写真展案内で
ジョディ・ビーバーの作品を見て
大変衝撃を受けたのですが
会場へ行くともっとたくさんの衝撃的な
作品を目の辺りにして
胸が詰まる思いでした。
目を背けたくなるような作品もたくさんありました。
でも...
これが現実なのですね。

平和に暮らしている裏では
たくさんの争いで命を落としている人や子供達が
いることを決して忘れてはいけないのです。

是非お時間を作って
足を運んでみて下さい。

by bluefish-photo | 2011-08-14 10:32 | フォトグラファー
<< マットワークショップ びわ湖花火大会⑤ >>